彼氏からの別れのサイン!?男性の愛が冷めたときに言いがちなセリフとは?

彼氏の気持ちが冷めたときに言いがちなセリフ
せっかく大好きな彼と付き合えても
だんだんと交際期間が長くなってくると、彼のなにげない一言を気にしなくなることも多いもの。

しかし、彼が発する言葉の中には別れにつながるような重大な意味を持つものも少なくありません。

そこで今回は男性の愛が冷めてきているときに言いがちなセリフをいくつかご紹介いたしますので、ぜひチェックしてみてくださいね♡

スポンサーリンク

1.「会いたいなら、来て」

付き合いたての頃は彼の方から車を飛ばして会いに来てくれたのに、いつのまにか彼の方から会いにくることが少なくなって
「会いたいなら、来て」なんて、あなた次第な言葉を言われてしまうという方は要注意。

これは彼の中であなたの存在価値が低くなってる可能性大のサインです。
男性は行動で女性に愛情を示そうとするもの。

だからこそ、自分自身が積極的な行動を見せないときは、愛が冷めてきているサインなのです。
「付き合いが長くなってきたから彼も本音が言えるようになったのかな」なんて思っていると、別れのセリフを切り出されてしまうことも…。

心当たりがある方は今のうちから彼との関係を修復できるように早めに手を打ちましょう。

2.「どこにも行きたくない」

せっかくのデートなのに彼から「どこにも行きたくない」と言われると、女性としてはちょっぴり残念な気持ちになってしまいますよね。

実はこのセリフも彼の愛が冷めてきている証拠なのかもしれません。

たまのおうちデートは2人の仲を盛り上げてくれるいいチャンスになりますが、それがマンネリ化してしまうと変化のないデートになってしまいます。

中には、あなたと体の関係を持つことがデートの目的になっている場合もあるので要注意。

出不精の彼を持っている方は、彼がわくわくできるようなイベントを探してアクティブデートで2人の仲に変化をもたらしてみましょう。

スポンサーリンク

3.「忙しいこと分かってよ」

最近彼の仕事が忙しそうだというときは、女性も彼への接し方に悩むものですよね。

しかし、一方的に彼から「忙しいことを分かって」と言われたときは、仕事を理由にあなたから遠ざかろうとしているサインかもしれません。

どんなに仕事が忙しくても、あなたに気持ちがあるなら男性は隙間時間に連絡をしたり、申し訳ない態度を示したりすることも多いもの。

そうした態度がなく、むしろ開き直って見える場合は仕事を言い訳に使っている可能性があります。
「忙しい」と言われると女性は重荷になりたくないと思い、つい彼のペースに任せてしまいがち。

しかし、このタイプの男性は放っておくと自分の中であなたへの気持ちに整理をつけ始めてしまう可能性もあるので放置は厳禁。

辛い失恋をしないためには忙しさを理由にさせないよう、癒してあげられるという存在理由をあなたが持てる努力をして彼を構う勇気も大切になってきます。

4.「○○くんってイケメンだよな」

自分の身の回りにいる男性を彼氏の前で褒めたときに、彼からこんな反応が返ってきた場合は気持ちが冷めているサインなのかもしれません。

男性はプライドが高い人が多いので、自分の彼女が他の男性を褒めていると「おもしろくない」と思うことが多いもの。

しかし、彼女に対してすでに気持ちがなくなっている場合は嫉妬心が全くわかなくなります。
中には「俺なんかよりも○○くんの方が○○ちゃんには似合ってるんじゃない?」なんて、他の男性を勧めだす人もいるほど。

女性からしてみれば、自分の気持ちに共感してくれたような気がしてしまうこのセリフは、思わぬ別れを招くこともあるので気を付けてくださいね。

彼の愛が冷めたときに言われるセリフ まとめ

彼氏の気持ちが冷めたときに言いがちなセリフ
男性のなにげない一言は、意外と男性心理が散りばめられているもの。

彼の愛が冷めたときに言われがちなセリフ

★ 「会いたいなら、来て」
★ 「どこにも行きたくない」
★ 「忙しいこと分かってよ」
★ 「○○くんってイケメンだよな」

そんな男性心理を正しく読み解けないと、「こんなはずじゃなかった…」と後悔する結末を迎えてしまうかもしれません。
今回ご紹介したセリフの中に普段、彼が口にしているものがあるという方は、ぜひこれを機に彼の心とじっくり向き合える時間をとってみましょうね。

→ 意外な新事実!夏に別れるカップルが多い4つの理由とは?

→ 大人の女へ第一歩!彼に依存しすぎる女から脱却する4つのコツ

(ライター:ゆんちゃま

スポンサーリンク

彼氏の気持ちが冷めたときに言いがちなセリフ